【中スポ】神宮は謎めいた球場

2022年10月24日 14:20

[なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - オリックス・バファローズ]

抜粋

転載元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1666585596/

uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1

1: それでも動く名無し 2022/10/24(月) 13:26:36.66 ID:xPWH41/80
オリックスの先発はなぜ山崎福だったのか。大ざっぱに言えば「神宮だから」だと思う。宮城には登板経験がなく、山崎福の打力も生かせる。そして神宮は謎めいた球場だ。第1戦で山本が打ち込まれたのは、マウンドに適応できなかったからという専門家の指摘もあった。本人に聞かねばわからないにせよ、それほど投手4冠らしからぬ投球だった。

「何かが違うんです」。苦手なある投手は、こう告白した。学生野球との併用。以前は1回からマウンドの土が荒れていたが、2年前に固いメジャー仕様に変更した。つまり「何か」の正体は足元ではない。恐らくは視覚。だが、特定できないからこそ「何か」なのであって、適応を難しくしている要因なのだ。

2: それでも動く名無し 2022/10/24(月) 13:27:25.55 ID:xPWH41/80
山崎福は4イニングを無失点と先制打。敵地での先発起用に投打で応えた。彼の好投からは、中日逆襲へのヒントが見えてくる。今季の山崎福は5勝すべてを敵地で挙げている。屋外球場では3勝、防御率1・84。宮城を回避してでも、山崎福を神宮で先発させる理由があったのだ。

竜党ならご承知のように、長年の課題である屋外で、今季も惨敗した。19勝32敗1分け。神宮では7勝5敗と勝ち越せたのは、2人の達人がいたからだ。

「ビジターだと(練習)時間も余裕を持ち過ぎず、流れで試合に入っていけます。それに屋外は元々好きなんです」

3戦3勝、防御率2・95の高橋宏はこう言った。2戦2勝、防御率0・68の小笠原は、さらに深い考察をしてくれた。

「マウンドの傾斜は、確かに多少は違いますが、僕はそこは鈍感になった方がいいと思っています。自分でマウンドはコントロールできない。だから自分が合わせるしかありませんから」

この2人に共通するのはおおらかな鈍感力だ。投手には鋭敏なセンサーも必要だが、それが邪魔になるときもある。借金13。来季こそ屋外で強くあれ。山崎福の好投が、鈍感力の必要性を教えてくれた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/39680b326d5ad1996760586230194a849250efcd
続きを読む

この記事を見る