【悲報】巨人、宮城と堀田の二択で悩んで堀田を選択していた

2021年06月11日 07:11

[なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - オリックス・バファローズ]

抜粋

転載元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1623361191/

bas2106100003-p2

1: 風吹けば名無し 2021/06/11(金) 06:39:51.55 ID:uQr2yWQn0
 ほんの少し運命が違っていれば、眼前で躍動した小兵左腕とは同じユニホームを着て戦っていたかもしれない。
沖縄・宜野湾中時代から宮城に注目していた巨人は、興南高3年時には直球の強さと独特の軌道を描くスライダーへの評価を高め、ドラフト前には上位指名を前提に面談も行い内面も入念に調査。
当時の長谷川スカウト部長は「野球に対する前向きな姿勢を強く感じた。親孝行したいという意思もある。こういう子は伸びますよ」と絶賛していた。

 ただ、ネックとなったのが高校時点で身長が171センチで止まってしまったことだった。
本番前最後のスカウト会議では、複数球団の入札が確実な星稜高・奥川(ヤクルト)を1位指名、外れ1位は東芝・宮川(西武)と決まった。
宮川も競合が予想され、“外れ外れ1位”候補は宮城と青森山田高・堀田賢慎投手に絞られたが、最終的に将来の本格派エースへの伸びしろで185センチの長身右腕の堀田を優先。
単独指名に成功したが、堀田は入団早々に右肘のトミージョン手術を受け、現在も育成選手としてリハビリの日々が続く。

2: 風吹けば名無し 2021/06/11(金) 06:40:08.99 ID:uQr2yWQn0
 もう身長は伸びなくても、宮城がプロの世界で伸びるだけのメンタルを備えていることを、巨人は把握できていた。
せめて外れ1位に繰り上げれば、これだけの逸材を一本釣り可能だった。
2年前の二者択一を嘆くのは、まだ早すぎるだろうか。

https://www.zakzak.co.jp/spo/news/210610/bas2106100003-n1.html

3: 風吹けば名無し 2021/06/11(金) 06:40:55.08 ID:OXz+XZNtd
身長見たら堀田行くわな
続きを読む

この記事を見る